タグ:30センチキューブ ( 40 ) タグの人気記事
器具レポ
年内最終となる記事のアップが、

自作ネタではなく、メーカーさんの器具レポとなったのも私らしい感じの締めくくりで。

まずは、さすがに高価ですぐすぐには設置できてない

パレングラス Air用

c0190119_732450.jpg


この精度は何ともニヤけるほど良くできた代物です。

まあ、今泉さん風で言うなれば

「汚れたり、割ったりすれば、また買えばいいんでね」 って言ってみて~!

「専ら、汚れたり、割ったりしてるのは試験管ぐらいなもんですがね~」

言ってみたい・・・・・・。^^

次は、アクシーのファインスポット

c0190119_713274.jpg


収まり具合がいいです。

思っていたよりも明るく十分水草育成に使えそうです。

他にブルーとディープブルー球とがありましたが、

色目をディスカウントアクアのシュっとした若い店員さんが

購入前に見せてくれ、どちらの球も海水に適した感じの色目で

最終的に白い球に決めました。

試見もせずにチャームでブルー球をポチる予定の物だったので、

目で確かめてから買ったことは、今後の買い物方法において大事だと改めて気付きました。

最後は、エーハイムのディフューザー(9/12用)です。

c0190119_7305529.jpg


テイラーズにも置いてあり、

始めエアーレーション用のエア量調整具と思ってました。

12/16用よりも小さめサイズのディフューザーの存在は知ってましたが、

チャームでも見かけないし、販売終了モデルと勝手に思ってました。

組み立てると

c0190119_7322749.jpg


小っこい(小さい)、まさにディフューザーですね。^^

こちらは、値段が値段なので、早速の取りつけを

c0190119_734041.jpg


ちょっと試験管をアピールしながらの写真はご容赦ください。

ディフューザーを稼働させられる量の水流では、流動ろ材が少し詰まってしまいます。

しかし、地味~に

c0190119_7364582.jpg


エアーを添加してくれております。

もう少し強めの水流で試さないと効果はわかりませんが。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-12-31 07:40 | 器具&器材
セッティング完了
試験管フィルターの記事を書きすぎてます。

c0190119_18113853.jpg


スマートなセッティングを試みてみました。

以前に作成した自作のアクリルパイプをゴム栓に直接付けて水槽に掛けてみました。

スッキリ~。  

実は、この試験管は3本目でして。

昨日動画でアップ後に溶岩石ろ材の試し通水をして、

その後に、この仕様でもある、アクリルパイプ直結を思いつき、興奮し

あわてて挿し換え、ろ材を流動ろ材へ戻しなどをしていた時に

ゴム栓をしっかり差し込むために少し強く握ったことで 

パッリ~~ン!

これまで扱っていた、瓶などのソーダ石灰ガラス質ではなく、

耐熱性のほうけい酸ガラス質のため扱いは慎重にせねばという教訓と洗礼をうけました。

c0190119_18212068.jpg


おかげで、2本の犠牲によって、新品を1本入手できたのでいい気分?(複雑)^^です。

試運転がうまくいったので、オールガラスフィルター小にもろ材を追加し

セッティング完了しました。 

c0190119_18245075.jpg


あとは水景をどうするかな~。  
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-12-23 18:26 | 自作‐試験管流動フィルター
30センチキューブ水槽を念願の水槽台で
今日は久々に、集中し、考えて、ちょっと買い物して設置してみました。

c0190119_218343.jpg


水槽からの吸水ホースはアソビがないほどに張りました。

張ってからメンテがしずらいことに気付きました。^^

c0190119_21135634.jpg


画像でセッティングが繋がってきたでしょうか。

U字のガラス管が吸水パイプとなり

オールガラスフィルター小にサイフォンで落ちます

そのあと、マキシジェットポンプが試験管にむけ吐き出します。

試験管の手前にシングルタップを仕込んでいるので、

流動ろ材が舞う水流を調節してやろうと。

c0190119_2118466.jpg


エアレーションの音が嫌いな私は、出水部にディフューザーを使いました。

c0190119_21243832.jpg


水漏れもなく設置完了。

来週の暇な時間で、ろ材を追加していこう。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-12-20 21:26 | 自作-オールガラス
あ~でもない
自作器具の具合を観察するためにセッティングを思考錯誤しております。

c0190119_11264866.jpg


使いたいものが多すぎてまとまらないな~。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-12-19 11:27 | 器具&器材
手作りのステイ
以前に少しハマっていたワイヤークラフトを用いて

30センチキューブ水槽で使える小型の流動床フィルター用ステイを妄想。。。

c0190119_11142881.jpg


革を編むという様相ではないものの、グラディエーター風貌のワイヤーステイ

c0190119_12374848.jpg


この瓶との相性はなかなかのもん(もの)ですね。~

30センチキューブ水槽を洗って、次なる立ち上げをするか、休止か迷ってます。

でも、この流動床フィルター小型版を使ってみたい気もするし~

c0190119_1243960.jpg

[PR]
by aqulabo_glass | 2009-10-21 12:43 | 自作‐ガラスの流動床フィルター
リセットのはずが
玄関前の30センチキューブ水槽をたたみ、45センチノーマル水槽を立ち上げて

足し水システムの水量を増やそうと企んでいました。

c0190119_157223.jpg


たたむために、30センチキューブ水槽の水を抜いてみたところ、

意外に水槽がきれいに維持されており、茶ゴケも納まっていました。

何気に45センチノーマルの横に置いてみた。

c0190119_1593622.jpg


サイフォン式ガラスキャニスターフィルターや、

新作の3㍑のワインボトル流動フィルターも置いてみた。

c0190119_234292.jpg


ついでにアクリルパイプとU字のガラス管でそれぞれを連結させてみた。

c0190119_253196.jpg


も、も、もしかして、これは! 

たたんで、悲しまずに済むかもしれない! (確信犯)
 
c0190119_27664.jpg
 

45センチノーマル水槽の水を足し水に使い

30センチキューブ水槽もそのまま維持できます。^^

今回は、オーバル25のフィルターの試運転も兼ねて

ワインボトルの流動フィルター3㍑を設置しました。

ろ材には、マシュマロろ材を使用し様子をうかがいます。

1袋(100ml)しか入れてないので、水流があまり当たらず、踊りませんでした。

3㍑の容量のこの瓶では3袋でも足りないかもしれません。

マシュマロろ材の感想としまして、

粒自体は、しろたまろ材よりも小さくやわらかいです。

多少粒同士がひっついているものがあり、これが気になります。

色は、しろたまろ材よりも白いです。 以上

これで心おきなく、玄関にオーバル25を設置できそうです。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-08-10 02:21 | Others
30センチキューブ水槽 - 日淡
奈良県は、吉野川で採取したカワムツとヨシノボリの近況です。

c0190119_23282980.jpg


カワムツは、すくすくと育ちすぎて、テトラのサイズを大きく上回り可愛げがなくなってきました。

餌を食べる速さは、鬼気迫るものがあります。

ヨシノボリは、相変わらずのマイペースで餌も口元に来た時にだけ

首を振って食します。 かなりの省エネ生物です。 しかし、最近なにやら

巣作りのような行動が目立ち、この水槽内の突貫工事の川原をソイルで埋めてしまい、

まだ、石影から口で大量にソイルを頬張っては吐き出しを繰り返しています。

水景が変わるほどの移動で困っています。

c0190119_23365624.jpg

[PR]
by aqulabo_glass | 2009-07-06 23:37 | 石組
30センチキューブ水槽
最近の30センチキューブ水槽の様子。

c0190119_1846571.jpg


苔がすごいです。

キューバパールが若干、色が薄くなってきたような。。。。

御師匠さん(takaizamiさん)の美しいキューバパールを汚すことなく

Co2添加をより一層しっかりとおこなっていきます。

なぜかモスの発育が良いです。

これはこれで好きな風景です。

c0190119_18531470.jpg

[PR]
by aqulabo_glass | 2009-06-20 18:53 | 水景
発酵式Co2拡散器
安易に手をだしてはだめだったんです。

Co2拡散器には耐圧チューブを接続すること。

それが意味することは、圧がないと何人も何気体も

通過することはできないってことなんです。 

なのに、アクア開始初期に買っていたんですね~。  

長い間、忘れておりましたが。

c0190119_09532.jpg


そして、先日の流動ろ過瓶にエアーストーンが付けれない構造になってしまったため

エアーチューブ用L字コネクターの先に詰めたものってなんでしょう?

そう!  スポンジ

さらに、私が使用しているガラスドリルの加工可能素材にセラミックと書かれております。

ここまでくれば穴あけエンジニアの私が何を行うかピンときたんではないでしょうか。

この経験から即、応用していくあたりが、

ブログ更新が止まると(何か作成しつづけないと)死んでしまうサメのようです。^^

いざ、深夜1時にうぃ~ん!うぃ~ん!!うぃ~ん!!!  プシュ~~(<=イメージ音)

c0190119_016409.jpg


そしてこの穴を最近人気急上昇中のお掃除用激落ちスポンジで塞ぎます。

微細な泡を得れるかもしれませんので、

流動ろ過瓶に使った時よりも大きめの切れはしをピンセットで詰め詰めします。

c0190119_0233168.jpg


さあて どうなるでしょう~。



動画でご覧ください。



発酵式バンザイ!  微細な泡でしょ。^^
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-06-18 00:28 | 自作-Other
30センチキューブ水槽
若干下からのアングルですが、植栽したキューバパールを撮影してみました。

c0190119_2146082.jpg


硬度が高く、水の調子がよい30センチキューブ水槽へ投入しました。

また、1ファイルYou Tubeヘアップしました。 

ご覧ください。



よ~くみると装備が変わっているんですね。~。

わかりますかな。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-06-09 21:51 | 石組