タグ:自主制作 ( 89 ) タグの人気記事
手作りのスタンド
これまで私が手掛けたDIYの技術の粋を集めた

流動床フィルター用のスタンドが完成した。

c0190119_725231.jpg


*ガラス瓶発送の際の木箱加工技術

*アイアンの棒によるガードの技術

あれ? こんなもんか。 ^^ 

c0190119_725322.jpg


仮組み程度に始めてみて、サクサクと仕上がったものの、

アイアンの棒のカットには苦労しますね。(危険がいっぱい)

ワイヤークラフトによる吊るす設置方法と、スタンド式との両方を備えておけば

あらゆるシ~ンでの活躍が期待できそうです。^^

ちょっと水槽横に置いてみましょう。

c0190119_727374.jpg


うん! 微妙。   まだまだ改良の余地ありですな。

木箱のワインホルダーをイメージした形で、

流動ろ材は見えてナンボなんでね~。。。。 

スタンドを色塗りすればガラっと変わるかな?
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-10-25 07:37 | 自作‐ガラスの流動床フィルター
醗酵式Co2
醗酵式でのCo2添加を仕様変更します。

これまでは、氷結の酒瓶を利用して水槽にS字フックで固定し、添加をしておりました。

c0190119_14242924.jpg


これでも充分にスッキリしていたんですが

フィルター作りに集めていた材料、道具で簡単に作れる

アイテムが揃っていたことに気付きました。^^

c0190119_14272695.jpg


いや~、ゴム栓がこれほど貯まってしまうとは。。。。^^

氷結瓶が350mlに対し、用意したフラスコは200mlと容量は少なくなりましたが

一度の準備で半月ほど使用できればコストも安価ですし十分でしょう。

c0190119_14315018.jpg


いつものように、醗酵式Co2の適当レシピは

砂糖大さじ 2~3杯

重曹 耳かき 2杯ほど (微量)

ドライイースト 小さじ 半杯

の割合で水を容器の容量の2/3程度 と超適当~^^

c0190119_14362765.jpg


このフラスコの口筒が細いのでドライイーストがこびり付いてしまいました。^^

あと、1時間もすればCo2が噴くことでしょう。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-10-24 14:38 | 器具&器材
アンティーク化
勢いでオーバル25に吸配水用の穴をあけて

湧水仕様を試みたんですが、少し湧く程度の仕上がりに落ち着いてしまいました。

ポンプの動力をあげて使用するホースを12/16に統一してみたりと

改善方法がいくつか思いあたりますが、進める意欲が低下しました。

少~し、時間と予算をかけ過ぎてしまった感がありますね~。

c0190119_83777.jpg


安全のため、全ての水を抜いており、底床も乾燥してきました。

当分は片づけもそこそこに、

遺跡のような維持で、短い歴史を玄関に。

c0190119_945752.jpg

[PR]
by aqulabo_glass | 2009-10-23 09:05 | 自作‐オーバーフロー
フィルターの掃除とろ材の追加
意を決してフィルターの掃除を。

どのくらい前からしてないかブログでチェック。

なんとなく庭でオールガラスフィルターを撮ったような記憶が蘇ります。

えっと、6月6日ですね。

もうすでに4カ月近くも経っています。

早いですね~1年って。 

もうすぐ11月で、

クリスマスで

大みそかで

お正月!!! ですね。

では、さっそく

c0190119_1614103.jpg


マイナスドライバーでホースバンドを外し、

ダブルタップを絞っておきます。

飼育水を半分くらいはバケツへ貯めて再利用。

そして、いつものように豪快にフリフリ洗浄して草木達に恵みのバクテリ水を。^^

c0190119_16163030.jpg


少し使用して乾燥していたろ材や、

少しづつ足しバイオリオしていたものなどを追加しました。

これで、ストックろ材を全て使用。

c0190119_16204078.jpg


瓶の大半がろ材で埋まりました。

だいたい10リットル以上のろ材を使ってます。

c0190119_16221568.jpg


この汚いウワズミが全て、マシュマロ踊るガリアーノ瓶へ注がれていきました。^^

まだ、マシュマロは白いですが、1週間すればどうなるのやら。

今日は、この後アクアテイラーズへ

c0190119_16243583.jpg


レイコンの作品集目当てで行ったんですが未だ無かったです。

1時間半ほどあ~でもない、こ~でもないと物色するも

何も考えずに行ってしまい、結局何も買わず。

看板の写真を撮ったときはワクワクして、何が俺を待っているんだい!的に

挑んだんですが、敢え無く撃沈!。  

ただ、何となくのイメージだけはしっかりと持って帰りました。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-10-22 16:30 | 自作-オールガラス
手作りのステイ
以前に少しハマっていたワイヤークラフトを用いて

30センチキューブ水槽で使える小型の流動床フィルター用ステイを妄想。。。

c0190119_11142881.jpg


革を編むという様相ではないものの、グラディエーター風貌のワイヤーステイ

c0190119_12374848.jpg


この瓶との相性はなかなかのもん(もの)ですね。~

30センチキューブ水槽を洗って、次なる立ち上げをするか、休止か迷ってます。

でも、この流動床フィルター小型版を使ってみたい気もするし~

c0190119_1243960.jpg

[PR]
by aqulabo_glass | 2009-10-21 12:43 | 自作‐ガラスの流動床フィルター
流動マシュマロ marshmallow flow 
自作流動床フィルターのろ材を流動マシュマロへ変更してみました。

c0190119_1751155.jpg


現在、チャームで含水ゲルポリマーろ材(ドリフト38 流動床フィルター用){写真右}は

袋詰めで100mlになって800円と少し値下がりしました。

私は、購入履歴で確認したところ、瓶詰め50mlを850円で購入してました。(クソっ!)^^

ろ材交換をおこなうには、タップを絞りマイナスドライバーで

ホースバンドを外す(タップを修理した私だけね。^^)と

c0190119_17534725.jpg


ほら簡単に水抜きができます。

交換作業はちまちまと移しかえるのが手間で、集中力がいります。

それでは、外からのろ材の様子を比べてみましょう。

まずは、交換前の含水ゲルポリマーろ材です。

c0190119_17565746.jpg


次に、流動マシュマロろ材です。

c0190119_1758088.jpg


見た目の違いはあまりありませんね。

触った感じは、含水ゲルポリマーろ材はスーパーボールのようです。

流動マシュマロはその名のとおりマシュマロのような柔らかさです。

それでは動画でご覧あれ。^^



単純に量が増えた分、舞い方が大きくなりました。 

効果もあがるかな~。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-10-17 18:02 | 自作‐ガラスの流動床フィルター
ガリアーノ瓶試運転
10月1日に流動床フィルターMAGNAに触発され、

私が起こした行動は、

お酒の瓶を買い、

その注ぎ口に合うゴム栓を選定し

そのゴム栓をコルクボーラーでくり抜き、ネットをシリコン接着

次に、水槽に備え付けられるように書類トレイを加工

そしてついにこの日を迎えた。  

c0190119_224453100.jpg


セッティングはイメージ通り

次にタップを開いて、”飼育水 入水!!”

c0190119_22462395.jpg


ちょっとわかりづらいですね。

いつものように動画をご用意させていただいております。

お時間が許すようでしたらご覧くださいませ。

それでは本日はこれにて。



*あくまで自作のため自責にておこなっております。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-10-14 22:50 | 自作‐ガラスの流動床フィルター
オールガラスフィルター
週末は、自作や荷受に大忙しでした。

コルクボーラーに続いて届いた品物は何でしょか。?^^

c0190119_22515899.jpg


これは、ショップではなくオクで落札した逸品です。  

まさに逸品。 の2つめの入手。

c0190119_22521022.jpg


美しい!   完動品(august999さんや私にとって)で、蓋含め破損なしです。

2つ目となるこちらの瓶は、直径16センチで高さが38センチくらいなので、

容量は楽々の6リットルオーバーです。^^

毎度のことながら、ろ材の出し入れには苦労しますが、気になりません。

c0190119_22563673.jpg


1代目は、45センチキューブ水槽に使用してますので、

2代目は、サイズからも30センチキューブ水槽で使用すれば

2槽ともに似た装備で一種の統一感がでますね~。

これに流動床フィルターも備えるとゴテゴテしすぎかな。~。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-10-13 23:00 | 自作-オールガラス
ステイの加工
ガラスの加工と並行してアクリル製のトレイとも格闘を。

c0190119_8505720.jpg


いびつな形部分の切断には糸ノコを利用しますが、

長い直線部分はカッターで深めの傷をつけて割るほうが簡単で綺麗です。

次は瓶を通す穴のサイズを決めます。

c0190119_8541970.jpg


吐き出し口がステイに当たる高さ位置にくるようにするには、

波型模様付近から2~3センチ下あたりの径の穴を開ければよさそうです。

その位置を針金で型をとり、アクリル板に書き写します。

この大きさの径の穴を開ける道具はないため

c0190119_955292.jpg


小さくなく、大きくないドリルで穴あけをしてノコギリで切り取ります。

なんか、回転式弾倉のようで。^^

(この後、ジグソ-で切断中に刃が引っかかりペッキ~!!!っと割ってしまいました。)

同じ工程をもう一周繰り返し無事に

c0190119_992639.jpg


逆さま写真が分かりやすいかな?^^

早速セッティングしてみましょう。

まずは想定どおりの設置

c0190119_927327.jpg


ステイの穴をもう少し広げないと。。。 

もしくは、吐き出し口は、エルボーコネクターすればいいかも。

次はステイ無しの設置

c0190119_9292165.jpg


こちらのほうが、どことなく手作り感がでてますね。

試運転して、ろ材が踊るならこの形でポンプを仕込ませて、

設置してもよさそうです。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-10-12 09:31 | 自作‐ガラスの流動床フィルター
ガリアーノ瓶の流動床フィルター
さあて、週末だ!

c0190119_18201784.jpg


でガラスの瓶への穴あけだ! (私だけ。)

憩いの場所のはずのウッドデッキが私の作業場となってきつつあります。

いつものように、キリキリ ジョリジョリでドン!

c0190119_18215229.jpg


少~し掘削ベストポイントから右へずれてしまいました。^^ (そう思うのも私だけ。)

コルクボーラーで綺麗にゴム栓に穴あけができているので、

流動ろ材の吸いこみ、吐き出し防止のためにスリットを考えています。

もともとガリアーノ瓶の口部分には、樹脂製の液だれ防止キャップが付いていたので、

利用しようと思っていたんですが、ゴム栓との相性が悪く、

すぐに滑って抜けてしまいます。

そこで、ゴム栓自体にネットをシリコン接着してみようと

c0190119_18303386.jpg


穴をマスキングテープで塞ぎ、

c0190119_1833367.jpg


ネットとゴム栓をシリコンで止め、乾くまえにマスキングテープをもう一方の穴から

ピンセットで抜き取っています。  

????

一体何をマスキングしたのか。。。  記事にしてみて気づきました。

ネットを張っておいてからマスキングテープで穴をコートし、

シリコンを上から塗るということをして意味がある作業ですな。

まあ、乾いてからネットをホジホジしてシリコンを取り除こう。^^
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-10-11 18:41 | 自作‐ガラスの流動床フィルター