タグ:ガーデニング ( 11 ) タグの人気記事
Wood Deck (木の床)
週末をいかがお過ごしでしょうか。

オンタイムでの更新でネタ切れです。

子供の喜ぶ顔が私にやる気を与えてくれて、

ウッドデッキの床板が張りおわりました。

c0190119_11495531.jpg


廃材の解体跡も素敵な見せる要素となります。

錆びカスが残る釘跡を意識して直線状に配置しました。^^

やや朽ち方が甘く、汚れのノリ具合が軽かったので、

やや薄めの様相ですが、なかなかの味をだせました。

c0190119_1150998.jpg


これで終止符です。

あとは、嫁さんが飾りたい物を飾り、掛けたい道具を掛け、

季節ごとの植物とうまく付き合っていくことでしょう。

どこかで見た内容で。 ^^

c0190119_11504185.jpg


次なる自作ネタはひっぱり続けている湧水!

湧水ポイントには、このパウダー白砂を使用します。

図書館で湧水の写真を多数みましたが、

その多くは、細かい砂利ではなく、パウダー砂が舞っていました。

私もミーハーで。^^

濁らずに舞ってくれよ~。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-09-27 11:54 | Do It Yourself
木の床 (Wood Deck)
シルバーウィークの集中板張り作業により電動サンダーを破壊してしまいました。

そこで、いつものごとく会社の昼休みにホームセンターへ。

ホームセンタープライベートブランドの

電動サンダーが2500円前後だったので即買いしかけ、

念のため説明書を読むと吸塵口有りとか、家庭用掃除機に直結可能とかいう表記があり、

気になって詳しく見てみると、吸われる力が外部から得られると粉塵が舞わずに済む

つまりは、独立してサンダー自身で、粉塵を収集できないということなので

これは、却下! 掃除機を併用しながらの作業なんて面倒です。

前と同じものが使い方もわかっているし、吸塵バックに粉塵は集まるし便利です。

c0190119_145246.jpg


5~6年前に購入したときは、3000円前後だったような記憶があり、

ネットショップでの検索でも3000円台が最安値だったので出費が気になりましたが、

なんと、プライベートブランド品を差し置いて1980円でした。 (安!)

c0190119_14552529.jpg


専用のサンドペーパーは3枚(80,120,240#)付属されており、

市販のペーパー(30円ほど)も4等分すれば問題なく使用できます。

吸塵用にパンチ(付属)があるのでペーパーに穴を開けておけば、そこから粉塵は

バックへ吸い込まれていきます。 (便利)

また、廃材との出会いも順調で、劣化度合いはイマイチですが、

厚みと板幅が同じ物が回収されて(捨てられて)きました。 

c0190119_1571989.jpg


朽ち方が若い分、ソゲ取り、表面ならし作業が楽で、サクサク作業は進みます。

昼飯後、子供たちからの催促もあり早く仕上げたくなってきました。

c0190119_1510888.jpg


耳もとで嫁が、「パパが会社に行っているときも、二人でよくママゴトや、人形遊びをしていて

とても気に入っているみたいよ」と泣かせる言葉を。。。。 (完成させるための作戦か?)

いやいや、ウガった見方はよくないよくない。   

早く完成させるぞい!  
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-09-26 15:12 | Do It Yourself
ウッドデッキの終盤戦
明日からは、また仕事、そしてすぐに週末。^^

現状報告前に、作成開始段階での仮組みの写真がでてきました。

c0190119_23274015.jpg


なんかプラレールのパーツのような。^^

そして、この連休で張れたのが約6.5割りくらいですかね~。

c0190119_2327527.jpg


素人制作のため、床板を張ってからの問題もありました。

雨戸が閉まらないほどにキチキチのサイズで床板を張ってしまいました。

容易にはずせる留め方をしていないため、

泣く泣く張った板をのこぎりとノミで傷を付けながらのカット! 

美しく仕上げたかった。。。。  

まあ、でもいつものアクア自作の写真を撮るバックの風景に溶け込む感じに

床板が仕上がってくれているのでヨシとします。^^

c0190119_23321531.jpg


床板のストックもなくなったので、また汚れ、朽ちた廃材さがしからです。

できるだけ同じ厚みと幅の板があればいいですが、

こればっかりは、廃材との出会いです。 変な表現ですがね。^^
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-09-23 23:34 | Do It Yourself
床板張り
これまで古い材料=古材と思っておりましたが、

その業界では、鑑定なども行なわれているようで、

築60年以上経過した木造建築から回収したもの、とかいくつかの定義により

”古材”という称号が与えられるようです。

私が用意したのは、ただの廃材だったようで見た目の劣化具合に味があるものです。

c0190119_882219.jpg


そのため、反り、剥がれ、割れ、ソゲなど危険はいっぱいです。^^

それを、スチールブラシで粗く全体をならして、

マジックサンダーで角の面取りをします。

c0190119_8222287.jpg


最後に踏む面を電動のパームサンダーで磨きあげて

防虫、防腐塗料でコーティングしました。

この工程を何度も繰り返して張っていきます。

c0190119_8245342.jpg


なかなかいい感じに仕上がってきました。

このウッドデッキですごいところは、例のあの子供のような図面だったのに

地面から床板までの高さが揃ったことです。^^

c0190119_828822.jpg


これは想定どおり(ビックリ)でした。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-09-21 08:28 | Do It Yourself
粛々と
ホゾ組みチャレンジ以降は、ホゾの魅力に取りつかれて

ホゾ中(中毒)

c0190119_2215837.jpg


ノミで叩き割るくらいにホゾ凹を。^^

地面に着く高さ位置なので少々の割れはご勘弁。

c0190119_2241732.jpg


さらに補強のために120ミリの長~いビスで留めます。

この部分(四角)を組んだ後は、現場での調整となり、

広い場所での作業はここまでです。

c0190119_2272515.jpg


コンクリの足を履かせた柱同士を梁材で固定し、

中央に先ほどの部分(四角)を置いて、

コンクリ足部分とつないでいきます。

c0190119_22103472.jpg


写真ではわかりづらいですが、

この時の梁材を平行四辺形のような形に加工して

柱同士をきっちりと留めています。

これで下段のつなぎ作業は完了しました。

次に上段の板張り部分の梁材を加工しながら柱の上に並べていきます。

c0190119_22174966.jpg


ホゾではないですが、合わさる梁材同士を適当に加工し

ネジ留めすることで強度が得られればと組みました。

c0190119_22202018.jpg


言葉での説明が分かりづらいものとなっていたかと思いますが、

この写真で理解いただければ幸いです。^^

残りの作業は、床板張りに向けた補強工程だけです。

ホームセンターでSPF材を購入し、

効き目があるであろう箇所へ埋めてみました。

c0190119_22261696.jpg


これであとは、床板を丁寧に磨いて張っていくだけです。^^
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-09-14 22:28 | Do It Yourself
ホゾ組み
ホゾ歴はなかったんです。

初めてのホゾ組みで7センチの角材はやり過ぎだったんです。

c0190119_7465111.jpg


100均の平べたドリルビットで適度に穴あけをして

ジグソーで成型すれば簡単にいくと思ったのが、甘い考えでした。

この角材は硬く、ジグソーごときでは刃がたたず、

ホームセンターへ”あれ”を買いに行くことになりました。

c0190119_755252.jpg


ミノ ”もんた” もとい、 ノミです。

ハンマーでトントンとトントンとトントンと、、、、、  トントントントントントントントントントントントン

やっと1つ!

c0190119_7585445.jpg


気が遠くなります。  

これを4ホゾ用意し接合します。

c0190119_863787.jpg


職人さんは、きっと全ての材料を加工してから

組み立てができるんでしょうね。~

私は、ガマンできずに組んでしまいました。

ホゾ組みで下部の梁をするのはこの場所だけとします。! (<=正直きついっす)

c0190119_8185586.jpg
 

下部写真で甘い継ぎになってしまった部分は、

ホゾ凹の穴の深さは十分だったんですが、

ホゾ凸の加工で直角に切断できてませんでした。^^

ホゾ組みだけに半日ほど要し

ここで1服

c0190119_8253349.jpg


作業にあたって移動を余議なくされた寄せ植え。

腕がパンパンになり、日も暮れてきたので作業は明日以降に。

とその前にイメージを。

c0190119_8294851.jpg


床板も朽ちて風合いのあるものを選んでいるため、

中央にもう1本支えのハリが必要ですね。 

この板では、義理の兄さんを、 もとい、 家族4人を支えられない。^^
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-09-11 08:34 | Do It Yourself
ウッドデッキ
ウッドデッキ制作にあたり、設計図を作りました。

c0190119_83459.jpg


綿密すぎて完成が待ち遠しい。^^ (らくがきのようですが、私だけ理解してます。)

廃材を揃え、仮組み後、子供たちの手を借りて

c0190119_836933.jpg


手間のかかるペンキ塗りをして遊びました。

c0190119_8373169.jpg


途中、近所のT君も参加して汚す汚す、地面にまで滴ってます。^^

今回の構造では、足部分は8本あるんですが、

コンクリブロックは予算の都合上、4方4本にだけ付けます。

c0190119_841164.jpg


綿密すぎる設計図でもそのように記載してあるでしょ。^^

次の工程は ”組む!” です。 

ネジ利用で手抜きしながら、 ”ホゾ組み” もやってみます。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-09-10 08:43 | Do It Yourself
お庭で
実家の納屋から出てきた高級海苔の入れ物。

駄菓子で使われているような大きな口のガラスの入れ物。

ほこりまみれで出てきました。

c0190119_23231385.jpg


ガラスなので、洗うとすぐに美しくなりました。

サイフォン式ガラスキャニスターの2号にしようと玄関の隅に置いていたら、

いつのまにやら、嫁さんと子供たちがメダカ入れに使ってました。^^

まあ、この使い方もいいだろうと思い、今度はいつもまにやらソイルとミナミヌマとモスを

投入しておいてみようと思いました。^^

下にあるバケツに、この夏掬った金魚たちを入れるんですが、

ことごとく☆になってしまいました。  水合わせ不足かな~??

単なる水温上昇によるものでしょうか。

猫の仕業か!?  でも魚体は浮いてるので違うな。。。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-08-26 23:29 | Others
雑貨のお買いもの
週末は、改装のために長期休業される

L‘lsle-sur-la-Ring(アンティーク&ガーデニングショップ)

セールに家族で出かけておりました。

到着して早々に下の子がトイレに。。。。。

しかし、ここにもこだわりの1品が。

写真撮影の許可をいただき、こんな場所をパチリと。

c0190119_23373495.jpg


子供サイズなのに細部にまでおしゃれが滲みでている洗面台でした。

トイレの床もレンガと古材でルーズな建てつけながら、

キシむことが心地よいという不思議な感覚がありました。^^

ゆっくりと見てまわることがなかなかできなかったんですが、

気になるものは、写真におさめておこうと。

c0190119_23441933.jpg


嫁さんがキッチンのカウンター付近に使えるステンドグラスを探しているので

リルシュルさんがお休みの間に悩んでもらおうと写真に。

他にもたくさん、たくさん欲しくなってくる物が。。。

c0190119_23465248.jpg


また、8月末から再開されるので大いに検討会を開いて楽しみたいと思います。

私は、リルシュルさんに行くと必ず影響を受け創作意欲へとシフトします。^^

また、帰宅後に棚を作ってしまいました。

c0190119_23512778.jpg

[PR]
by aqulabo_glass | 2009-08-03 23:52 | Do It Yourself
弟子 ~木工編~
今日のDIYの主役は息子。

まだ、朝早く起きすぎて眠たいのとタイクツなのとでグズグズしてます。

c0190119_15115827.jpg


何か楽しいことはないかと嫁さんのナチュラルガーデニングの本を読みながら

さくさくっと作れる物はないかな~と。 見つけた。!

気合一発! 「手伝ってくれい!」 と言うと、わけもわからず私を真似てタオルを首にかけ

c0190119_15145339.jpg


いっちょ前にメジャーで大工気取り。   うんうん なかなか似合ってるわな。

作成途中は、電動工具を気にいってくれるのはいいんですが、

あぶないので目と手が離せずに写真を撮ることができませんでした。

残念。

なかなかの金づちさばきで10回打ちつけても、ちょろっと打ち込み漏れがありました。^^

まあ、これからです。今日はしっかりと段取りについて教授しました。

そして出来上がったのが、またもやプランター

c0190119_15193069.jpg


まあ、段取りを語りながら、サイズは目測り、電動ジグソーで直線切りなど

きっちりとは作ってません。  これぞ味。 

さらに経年感をもっといただくために今回はペンキではなく、

自然染料で染めたいと思います。  

そしてその方法とは

c0190119_1523417.jpg


泥パック! 

以外に気持ちいいですね。~ 

出来上がった物をくちゃくちゃに汚して、洗い流して、乾かして、を繰り返せば

いい風合いになることでしょう。 

わざと割れた廃材を利用してますが、

さらにこれで数年進んだ感じがでればグッドです。♪
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-06-28 15:26 | Do It Yourself