私は ☆コーヒー編☆
1つ実験を行いたいと思います。

この記事を読んだあとにコーヒーが飲みたくなるか。

まずは、愛用のハリオのドリッパー

c0190119_0474255.jpg


透明というのが大事で、どの程度注いだかを知ることができます。

専用の円錐型のペーパーを使用することで

c0190119_059912.jpg


注いだ湯がまんべんなく豆にいきわたって中央から抽出されます。

私のコーヒーを入れる際のこだわりは、温度です。

適温があるということではなく、とにかく熱い状態で飲みたいのです。

そのために、まずはT-falで湯を沸かしてカップ自体をあたためます。

c0190119_15914.jpg


今回は撮影用ということで嫁様のカップを拝借。

嫁様のカップへのこだわりは飲み口部分の厚みだそうです。

案外、厚みに注目してカップを探すと売ってないものですね。

このカップは偶然、雑貨屋で出会い、

お値段はまあまあ勇気がいる価格だったそうです。^^

次に、カップをあたためている間に湯を沸かします。

c0190119_112484.jpg


このポットをちょっと紹介してみたかっただけです。^^

(野田琺瑯 月兎印 スリムポット)

沸かしながらコーヒーの準備を。

c0190119_1152950.jpg


電動のミルも持ってますので、将来的には豆から挽いていこうかと。。。。

次に、湯が沸く直前にミルクをチンします。

c0190119_1191128.jpg


これで、入れるもの全てが熱されました。^^

そして、最後にヤマ場で見せ場のドリップの瞬間を

湯気とともに臨場感あふれる接写にてご覧を

c0190119_1261124.jpg


右手で湯を注ぎながら、左手で撮影という離れ技! 

撮影もそこそこに湯は細くチビチビと、さらにまんべんなく豆にというのを心がけます。

最後に温まったミルクも注いで完成!

c0190119_1294839.jpg


ミルクを温めるときにキャラメルを0.5個入れたり、

泡だてたりして、気分によって変えてます。

私は、基本砂糖を入れませんので、甘くないオレをたしなみます。

以上

飲みたくなりましたか~。^^
[PR]
# by aqulabo_glass | 2009-12-05 01:38 | Others
お掃除
まずは、45センチキューブ水槽を覆う浮き草たちを。

c0190119_233484.jpg


もう少しアップで。

c0190119_23343591.jpg


油断するとすぐ、このように光をさえぎるほどに増える浮き草。

ひしゃくで掬い、稚エビを確認しながら網でも掬い、

からまる部分にはお箸を使って駆除していきます。

あっというまにこの量です。

c0190119_2337231.jpg


さすがに一気に駆除すると水質への影響があるかも。

でもビーさんにはこの浮き草の駆除する周期をも乗り越えてもらわないと。。。^^

で、

c0190119_23394364.jpg


水槽自体は全然苔ずでおもしろくありません。

しかし、

ガリア~ノの流動床フィルターは

c0190119_23411838.jpg


きちゃない(汚い)~。

ガラス面もですが、マシュマロろ材一粒一粒にもバクテリアなのか

汚れなのか、茶ゴケなのかが付着しております。

あと、このCo2拡散器も

c0190119_23434971.jpg


これは茶ゴケというよりも、油性マジックや海苔のような黒さで

泡が出るうちはこのままでよいです。

詰まってきたら歯ブラシでゴシゴシしてみよう。
[PR]
# by aqulabo_glass | 2009-12-03 23:46 | ビーシュリンプ
December
早くも12月! 

我が家でもクリスマスの準備に大忙し

c0190119_81167.jpg


ちょっとさびしげなツリ~に子供達が拾ってきたマツボックリ

(下の子はマツボッコリと呼んでます^^) をあしらって

c0190119_825390.jpg


電飾を施し完成

c0190119_834229.jpg


さらに今年は、余った材料でさびしくなった玄関にも

c0190119_845540.jpg

[PR]
# by aqulabo_glass | 2009-12-01 08:05 | Others
秋?
今年は、一気に寒くなり、そして日中は暑くなったりと気温が安定しませんね。

先週末に秋の紅葉具合を見に地元の奈良と三重との県境へドライブ。

c0190119_9464576.jpg


写真で見るとなかなかの田舎風情ですが、足元の川べりはゴミだらけでした。。。(悲)

奈良ももう少し山深い場所に行かないと(行っても今は。。。)

雄大な自然は望めなくなってきてます。

c0190119_949597.jpg


距離をおいて山を見ると美しいですが、手前の枯れ木の枯れ方が変? です。

気温の急変によりおかしな枯れ方になったんでしょうか。

c0190119_9504065.jpg


向こうの山も枯れ方がまばら。。

c0190119_9514238.jpg


奈良県奈良市荻町付近-終秋でございました~。
[PR]
# by aqulabo_glass | 2009-11-29 09:58 | Others
お気に入りの
昨年の嫁様の誕生日に贈ったPC用のスピーカー

c0190119_2337270.jpg


harman/kardonのSoundsticks™ II

c0190119_23392459.jpg


*音響的に計算しつくされたドームデザイン

*2.1chアクティブスピーカーシステム

という宣伝文句以上にかっこよく不思議なデザインと

音へのこだわりの薄い家族でもわかる音の良さで大満足な1品です。

接続端子がヘッドフォンジャックのため、

いつもは、TVに接続し、映画を見るときの雰囲気を盛り上げるために使ってます。

週末に、もうすぐクリスマスということもあって、嫁様のPCへ移設し

iTuneラジオのGolden Oldiesを流して、古くさいクリスマスソングを

重低音を利かせて楽しんでます。

PC用のスピーカーといっても、十分に嫁様は家事の際に、Bossa Nova を

私は、もっぱらOldies of the 50s-70で大人気分を満喫できます。

c0190119_23513627.jpg

[PR]
# by aqulabo_glass | 2009-11-26 23:59 | Others
炭酸水の瓶
試験管の通水用にポンプとホースを用意したので

こちらの流動フィルターでも試運転を。

c0190119_926384.jpg


このくらい容量があれば舞うには最適なようです。

ホースが短いため、イニシャルスティックの入れ物で底上げする横着な私。

水槽へ水が戻りさえすればよいので、出水パイプも強引な方向で装着。

記事もそこそこに、

動画にてご覧ください。


[PR]
# by aqulabo_glass | 2009-11-23 09:30 | 自作‐ガラスの流動床フィルター
試験管フィルター
通水作業にとりかかるのに、どんだけ時間を要すんだろ~。

情熱が薄れたわけでも、自信がないわけでもないんですが。。。。

とブツクサと、歳をくってしまった。  

c0190119_1722362.jpg


いざ通水!、 エアー噛みした気泡が試験管を通る様子もまたGood!~。

色合いもマッチ! と自画自賛を終えたところで、

連結作業に移りましょう。

c0190119_17243410.jpg


ちょっとビビって、しろたまろ材は少なめに、

1本目の試験管には溶岩石ろ材を用意して少しでも流量が落ちればと。。。。

試みましたが、敢え無く失敗。

以前に紹介した切り口が王冠のような試験管のゴム栓部分からしっかりと水漏れ。。。

仮に切り口を整えたとすると、2本の試験管の長さが合わない。

この時間から切断する気力もない。。。。。  

というわけで、連結仕様は延期。

通水状況では、しろたまろ材を舞わすには、もっと流量を少なくしないとだめです。

試しに溶岩石ろ材だけで通水したところ、溶岩石が少し舞います。

そのくらい強い流量ですね。^^

ちょっとその様子を



まだまだ改良が必要ですね。

見た目はまずまずなので、水漏れ試験管はスポンジフィルターと連結させて

水中仕様へ応用してみようかな。
[PR]
# by aqulabo_glass | 2009-11-22 17:36 | 自作‐試験管流動フィルター
吸い込み防止の
日数が空いた割りには、さほど大きな変化はなく

吸い込み防止のネットをちょっと改良

c0190119_8533732.jpg


ブロ友であり、アクアの先輩の義理の兄様(bacateriaさん)からいただいたアイデア

をベースにろ材の吸い込み防止ネットを。

そろそろ通水を。。。。。  しないとね。。。。。。
[PR]
# by aqulabo_glass | 2009-11-21 09:08 | 自作‐試験管流動フィルター
Hand Made
試作開始時はこんなに横着してました。

c0190119_1244689.jpg


と未来の自分にメッセージを。^^

切り口を整えるはずが、じっくりしっかり傷をいれてもう大丈夫と思って

ヤスリの柄でコツンのはずが、またまたしくじった。。。。

テンションだだ下がりのままゴム栓にステンレスネットをシリコン止めし、

メタルなエアー工具用ホースコネクターを挿して、組み立ててみた。

c0190119_125043.jpg


ん! いいかも

試験管を洗い

ホースコネクターのシールの残骸を消毒液で剥がし

お外で撮影会

c0190119_1253459.jpg


なかなかのモン(物)ができました。

勢いそのままに、

モダンなスタンドで

c0190119_1254814.jpg


もう1つアンティークなスタンドでも

c0190119_1264277.jpg


おうおうおう。

1本からでも十分な容量がありそうです。

ちなみに原寸は直径3cmで実容量分は15cmくらいなので

内容量105mlくらいですかね。

流動ろ材を使用する際は、ステンレスネットだけでは目詰まりするでしょうから

その手前にもう1枚防護ネットが必要です。

まあ、なんや言うて通水しない、めんどくさがり屋ですが、

明日くらいには、ポンプをセットして炭酸水の瓶とこれを試運転してみようかと。^^
[PR]
# by aqulabo_glass | 2009-11-16 12:17 | 自作‐試験管流動フィルター
お値打ち
風合いが好きな500mlの炭酸水を求め、いつもの酒屋へ

そして、見つけました。

c0190119_532242.jpg


ぐぐっと生!(値打ちをこいて白字で”黒”) 

リキュール(発砲性)とあります。 (いったい第?のビールなんだろうか?)

1本売りで85円、6本入り498円でした。(1本83円計算)

私の月々のお財布にはやさしい値段です。^^ (味がよければなおさらですが。。。)
[PR]
# by aqulabo_glass | 2009-11-15 05:38 | 自作-Other