<   2009年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧
ビルトイン始動
今週は仕事が忙しく更新をサボっておりました。

などと言ってみたかった。

納得のいく写真が撮れなかった。

とも言ってみたかった。

先週末は、プールにお祭り、花火、義理兄邸訪問と予定が詰まってました。

そして、しっかりとそのあおりを受けて子供が風邪の兄弟連鎖。

あっという間に今月も終わりそうです。

そろそろ、ガラスの密閉瓶のフィルター内にヒーターを

仕込む作業を開始しようとシュミレーションを。

c0190119_275833.jpg


仕込むためには、コンセントの頭を落として、

コードを掘削した穴を通しておかなければなりません。

えい!    ぢょぎん!! (SKRNKZさん 後悔なさるな)

c0190119_210677.jpg













いや~、まだ本物は加工しませんよ~。

c0190119_211415.jpg


これは、以前に使っていたテトラの黒いヒーターでお気に入りだったんですが、

ご覧のように空焚きにより割れてしまって、さらに変な匂いがするので使えません。

このような試作においては、躊躇なく扱えるので重宝します。

お借りしているエヴァリスのヒーターとくらべて線自体の厚みがあるんですが、

太さは、だいたいどちらも5mm前後です。

このコードをガラス瓶を通して止水するのにも、

もちろんゴム栓を使います。

c0190119_2171037.jpg


ガラス瓶を掘削後にゴム栓で止水 がトレードマークです。

作業としては、ゴム栓自体に6mmの穴を開けてコードを通し、

なるべくシリコン無しで止水したいのでちょっとした工夫を考えてます。

そして、ガラス瓶には、以前購入していた14mmのガラスドリルで掘削して

このゴム栓16x12mmをコードを通した状態で穴を塞いで止水します。

さあて、うまくいくかな~。

あと、ヒーターが下部の水流が当たる位置など、

どこに備わるのが安全かつ適当なのか、

また、ホースとコードの収まりがよいのはどの場所の掘削かを考えなくてはなりません。

まずは、本番仕様の無印製ではなく、

このイケア製の密閉瓶サブタイプクマを実験台に

水漏れなし!  にまでもっていきたいところです。 
 
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-07-31 02:31 | 自作‐密閉瓶サブタイプクマ
花火
夏の夜の楽しみは、 そう花火大会

昨夜は町内の花火大会でした。

午前中は、晴れていたので、子供たちとプールへでかけ、

お昼休み中にポツポツと雨が降ってきたので、

嫌がる子供を説得(説得できませんでしたが)して切り上げました。

そしてプールから離れてすぐに、豪雨。

あぶなかった~。 ^^

そのまま晩の祭りや花火は中止かと思っていたら

夕方に雨が止み決行となりました。^^  子供たちも大喜び。

花火が上がると下の子は、大きな音に驚き花火に背をむけて私にしがみつきます。

ゆっくり見れなかったけども写真を撮ってきました。

c0190119_930532.jpg


カメラに花火撮影モードという機能があり、初めて使いましたが価値ありです。^^

次は偶然撮れた ”火” (<=中心付近) の文字

c0190119_9321268.jpg


次も偶然撮れた、カメハメ波を曲げる技

c0190119_9363390.jpg


手ぶれしただけですが。。。

最後はフィナーレの連発花火!

c0190119_937868.jpg


お見事でした。

小さな町での花火にしては、とても感動的で最後の連発後は、

町民のスタンディングオベーションでした。 ^^
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-07-26 09:39 | Others
ビルトイン ― IKEA製
先週末は、もう1つ荷物が届きました。

c0190119_746173.jpg


ブロ友のSKRNKZさんからで、

中身をガラス瓶に仕込んで、水槽内をスッキリさせたいということでした。

その中身とは、

c0190119_74905.jpg


そう、なんとなくお気づきでしょうが、ヒーターです。

冬に向けてガラス瓶にこれを仕込むことができれば

活用方法が広がります。^^   

別で止水用に使ってみてということで、Oリングも入ってました。^^

このキャニスターには大きすぎるようです。

次なる獲物では利用できるかもしれませんのでストックさせていただきます。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-07-25 07:57 | 自作‐密閉瓶サブタイプクマ
木工と外壁
先週末の連休は雨続きでした。

そこで、かねてから備え付けたかった踏み板をこさえてみようと

曇りの中で作業を開始しました。

用意したのは、廃パレットを解体して出た汚れた板、大小3枚と下駄足用1枚(を3等分)

構造的には何の工夫もなく、並べて下駄足をネジ止めするだけ。

大切なのは、小さい子供がいるので

しっかりとした研磨(ヤスリがけ)をして、ソゲやヒビ、割れを補修しておくことです。

c0190119_2252571.jpg


当初は、全体を白くペンキで塗ろうと思ってましたが、

思いのほか、ウッドデッキ用の防腐材が良い味ワイを出したので

当面はこの風合いのまま使用してみようと思います。

備え付けるとこんな感じ

c0190119_2262418.jpg


この踏み板が必要な理由は、玄関を上がったところから、

玄関ドアまでの距離が少しあるため、

来客の際に、踏み台にできる靴やスリッパがあれば足を汚さずに出られるんですが、

雨の日で踏み台(靴、スリッパ)が無い時は最悪で、横着な私は、

よく靴下を濡らして「は~い!」と荷受けしたりします。^^

これで問題は解決?  です。 

あと、外壁ですが、だんだん見栄えがするほどに積み上がったんではないでしょうか。

c0190119_22151782.jpg


以前のブリック作業トレーニングビデオ



ほどではないですが、

レンガ積みに適したモルタルの粘度や、はみ出たモルタルの掬い方などが

手慣れてきました。  腰の痛みが無い限り作業は継続できます。 

それくらい楽しい作業です。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-07-24 22:22 | Do It Yourself
試送試験の当選
以前にリンク先の小倉エビさんが

ビーシュリンプの発送における温度管理の

モニター募集をされており、応募しておりました。

後日、見事に当選をはたし、昨日届きました。

c0190119_737119.jpg


早速、開封して、温度の報告をするために温度計を捜査

IN / OUT表示から。。。。。

c0190119_7383443.jpg


あっているんだろうか?

少し、放置して様子を見てみようと10分後には、

IN表示がグングン上昇し29℃近くまで!!

やばい!ビーさんが茹で上がってしまう!と思いメールを確認すると

小倉エビさんから温度計表示における諸注意が記載されており、

OUTが水温、INが箱内温度ということでした。   ほっ!

というわけで、この表示をそのまま返信して

楽しみにしていた水合わせ&45センチキューブ水槽への投入です。

c0190119_7434746.jpg


募集案内で、10匹前後とありましたが、

15匹前後発送していただいたようで、

網で掬っている最中に気づきました。^^”

小倉エビさん どうもありがとうございました。

今後ともよろしくお願いします。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-07-23 07:46 | ビーシュリンプ
オーバル25のエンジンとろ材
週末にワインボトル流動フィルターの動力をチャー〇さんで購入しました。

c0190119_7283144.jpg


ナプコ・リミテッドのマキシ・ジェットポンプ(MJ 250,60Hz)です。

選定基準は、値段(2000円ちょっと)と小型(意外に大きかった)であること。

水陸両用ポンプでは、これが一番リーズナブルでしょう。

主な特長として、安全設計(ノンオーバーヒート設計)、淡水・海水両用、高経済性、

安定固定具(3点止めホルダー付き)があり

c0190119_7522936.jpg


ワインボトルの上部口から吸って、オーバルに吐くというような設置や、

オーバルから吸って、ワインボトルに吐くというような設置も可能となります。

流動ろ材を使うなら、ワインボトルに吐くような設置にしないと踊らないですね。^^

この動力の設置位置がスッキリさせるために重要です。

次なる作業が楽しみになってきました。

そして、ろ材コーナー徘徊中に、多孔質ろ材コーナーで、新たな癒しのろ材を発見しました。

流動マシュマロ marshmallow flow 100ml です。

c0190119_7442993.jpg


”流動”という言葉に過敏になり3袋も購入してしまいました。

まだ、透け玉ろ材も試していないのに。。。。。

最後に、チャー〇さんでの買い物金額は計3800円です。

5000円で送料無料だったので、欲しい物だけ買うという大人買いです。(自慢) (損?)
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-07-22 07:57 | 自作‐オーバーフロー
止水へ
密閉瓶によるサブフィルターを止水ができずに、

断念しようと思っていた矢先にブロ友のSKRNKZさんより

仕様におけるバージョンアップの相談がありました。

それは未だ試したことのない作業のため、

止水に悩んでいる場合ではなくなり、

早くクリアーしないと次の作業にすら移れません。

なので、ちょっと強引に解決してやろうと、

c0190119_12542714.jpg


透明同系党という安易な発想でネギカップ!

このネギカップで密閉瓶の口部分に”折り返し弁”のような抵抗をつけて

口周りに入る水を水圧によりシャットアウトできればと思いました。

c0190119_12581448.jpg


フィットする場所でカップを切断し、口部分へ当てがってみました。

当初は、写真左端のように穴を開けて裏返した状態で設置し稼働させれば

水圧がかかり口周りにフィットして穴部分から水が抜けるだろうと思ってましたが、

意外に残った切れ端もなかなかのフィット感でネギカップ独特の”返し”部分が

密閉瓶の口に引っかかり、水の侵入を塞いでくれそうです。 

なので、両方試してみようということに。
c0190119_1332094.jpg


これが、3時間かけて考案したフィルター水通しシステムバケツエディション!(3分ほどでね)

コンセントを差し込み

またもや、

ギュンギュンに

フィルター内に

水が

送られて、

失敗の行間で、

c0190119_13141380.jpg


ちゃ~ 、 水 ちゃ~ 

意外にも、この水漏れの画は、

ネギカップの切れ端での様子で、

裏返したカップはさらにひどい水漏れ(ジャ~って感じ)でした。

もう駄目だとあきらめかけていた私に嫁から一言

Weckのゴムパッキン使えばいいんじゃないの?」と

何を! 何もわからん素人が!と思いながら、

私がどんな苦労をしているのか、、、、ブツブツと。

私「どれくらいあるの?」

嫁「いっぱい」

私「へ~これっていくら?」

嫁「え~Weckのサイトで30円って」

私「30円!? 、エーハイムのOリングは定価で800円近いのに!?」

嫁「へ~知らない。」

私「そうやんな。 へへ(引きつり笑い) 知らんわな。そりゃ。」

c0190119_13264829.jpg


早速1枚で実験!     漏った。

2枚! 止まった!!!!  止まった。 

腰が砕けるような衝撃です。 (大げさ)

もう少し回して様子をみないと完全とはいえないものの

このゴムパッキンは軟性質なので強い力で、より密閉度が増します。

嫁さんに感謝です。

あっ! それとトレードマークがクマさんになりそうです。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-07-20 13:32 | 自作‐密閉瓶サブタイプクマ
至福の時
5月の初旬に大人買いしたワインボトル3Lx4本のうちの

2本目のゴールが見えてきました。

2ヶ月たたないうちにこのペース。 以外に減りましたね。

昨夜は木工の題材を探しComeHome!という本を読みながら

ちびちびとワインをたしなみ優雅な一時を。

c0190119_1924255.jpg


さあて明日は何を作ろうか。。。。。。 zzzzzzzzzz
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-07-19 19:03 | 自作-ワインボトル流動
足し水システム
暑い!

蒸し蒸ししますね~。

1日中Fanが回りっぱなしで水の減りが激しいです。

足し水を頻繁にするんですが、水道水をコントラして即投入を毎日繰り返すのも心配なため

ビーさん水槽から追い出されたお魚さんたちに水作りをしてもらってます。

c0190119_23415842.jpg


ブリラントフィルターを装備しただけのバケツ。

ここから45センチキューブ水槽へ足す分だけ水を掬いだして、

バケツには、それで減った量を補充しています。

足し水のための簡易システムです。  えっへん。^^
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-07-17 23:46 | Others
白い彗星
45センチキューブ水槽に移してからもすくすくと育っている稚ビー1匹

体が白いので白い彗星と命名し、毎日様子を見たくて探しています。

c0190119_0304855.jpg


気持ち赤い部分が少し浮き出ているようにも見えます。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-07-16 00:31 | ビーシュリンプ