<   2009年 02月 ( 32 )   > この月の画像一覧
30センチキューブのビフォー、アフター (前景編)
以前、茶ゴケに関するビフォー、アフターの載せましたが、

今回は、前景のグロッソに注目してみました。

写真の撮影日が1月21日の前景です。

c0190119_1131939.jpg


あくまで、グロッソに注目を!  パイプの汚れは気にしない気にしない。

ちょっと廃墟的な雰囲気が漂います。

そして、昨晩の2月28日の前景です。

c0190119_11334680.jpg


グロッソを薄めに敷いて、待った甲斐がありました。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-02-28 11:38 | 水景
連結準備水槽達
水作りを開始し、着々とパーツをイメージしております。

土台を15センチ持ち上げた隙間にエアー器具、エアーチューブ、コンセント配線を

収納し水槽回りをすっきりとさせ、できればエアーの防音もしたいです。

そして、濾過能力を45センチキューブから借りる。

c0190119_0424497.jpg


おや~、連結すると45センチキューブの左側面が隠れるのね~。

でも、水をきれいに維持できれば覗けるんです。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-02-28 00:44 | ビーシュリンプ
入水&空気抜き
水を入れるときはいつも水合わせの要領で静かに水をいれます。

c0190119_0334797.jpg


一方コックを使用して、水合わせと違う点は、一滴づつではなく全開で水を送ります。

これが水合わせと違って気持ちいい~。  

ちょっとネットをしながら、チラチラみてるとあれよあれよと満タンに。

c0190119_0355576.jpg


これで一日底面フィルターだけで水を回してから、

底床にたまった空気を箸でつついてしっかり抜いておきます。

c0190119_0381255.jpg


しっかりとした水作りには1ヶ月は必要です。 

この後は、ヒーターが壊れてしまったので用意して、45センチキューブの魚を投入します。

ビーの抱卵から約1ヶ月経ったので、生まれた稚ビーを食されないように

先にまさかの魚を隔離します。 やはりここは単価で比べてシビアに。 

という意味でもありますが、実は、魚が水を作るんです。 なので、一石二鳥です。 
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-02-27 00:45 | ビーシュリンプ
連結水槽
連結水槽のための装備を準備していく中、

肝心な水槽の水作りを急がなくてはいけないので取りかかります。

底面フィルターを敷いてみて余白にもう一枚敷けそうなので敷いてみる。

c0190119_0113550.jpg


1~2センチだけ余分なようです。 ならばとニッパーで切断!

c0190119_0134254.jpg


ジョイント突起部分に合わせてカット、カット

今回の水槽にはビーシュリンプにおいて安定した組み合わせである底床の

マスターソイルノーマルの上にアマゾニア2パウダーを使用します。 

ショップでの聞き込みでは、phをより下げたいなら

アマゾニア2パウダーだということで上層にはアマ2パウを使用します。

c0190119_0171482.jpg


写真は、未だ下層のマスターソイルだけです。 もう少し盛ったほうがよいかもしれません。

そして、45センチキューブの水換え時期を利用して飼育水をゆっくり流し込んでます。

c0190119_020657.jpg


この後はビーシュリンプ界の爆おやじ様ことswarovski555さん

習ってマスターソイルの空気抜きをしっかりとおこなってから

アマパウ=>魚類=>パイロットシュリンプ=>メインビー君の順に導入していき、

水を作っていきたいと思います。

また、平行して連結水槽装備も仕上げていきます。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-02-26 00:29 | 自作-連結水槽
連結水槽足踏み
本日、takaizamiさんから紹介いただいた

水草用品通販専門店「GREENS」さんへ注文しておりました品が届きました。

c0190119_232324.jpg


*アクリルパイプ外径13mm

   この径はなかなかホームセンターになく注文しました。 

   50センチ弱しかないので慎重に曲げないと。

*異径Lジョイント(12-16mm)

   オールガラスフィルターの下部栓のスペアーを作るために購入

*ガラス管 U字(12mm)

   連結水槽のサイフォンパイプとして水を動かしてくれ!! 

   思ったより径が小さかったが水量調整にアクリルパイプもあるので問題ないでしょ。

   このパイプには、さらにもう一つ大事な役割があるんです



c0190119_2310149.jpg


径にあったキスゴムに変えて

君には、ろ過槽であるミニキューブを支えてほしいんです。

これだけでは支えきれないので、ガラス棒の足を1~2本底面から伸ばそうと思ってます。

でも、このU字管なかなかの出来栄えです。 もう1本ほしいところです。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-02-24 23:18 | 自作-連結水槽
サンプル投入
早速いただいたクアトロ2とスピナッチタブを与えてみた。

匂いになのかユラユラ落ちてきた物への反射なのかすぐに

ヤマトヌマ軍の兵士が見回りに。

c0190119_22522061.jpg


推薦どおりすごい食いつきで飼料を離しません。!

遠目でビー軍の抱卵くノ一が早く立ち去らないかと様子をうかがっております。

c0190119_2255356.jpg


この後、食いつきの良さから多勢でヤマトヌマ軍とミナミヌマ軍とが飼料を離さず、

ビー軍はコリタブをいそいそと食してました。

いつになったらありつける。  
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-02-24 22:59 | ビーシュリンプ
Ebita Breed様からの贈り物
本日、Ebita Breedさんから新製品のサンプルが届きました。

Ebita Breedさんありがとうございます。!!

早速紹介を。 まずは、クアトロ2!

 
c0190119_22283254.jpg


何々、 

コンセプトは、「自然な原料のみで構成し、化学的な添加剤を一切排除した”ロハス”な飼料」

とあります。 

さらには、体色向上・体表強化を計る事を特徴とし、トップクラスの”食いの良さ”を実現!

なんとも早く使ってみたくなる内容です。 

次に、スピナッチタブ!

c0190119_22353610.jpg


その名の通りホウレンソウを含有したタブレットで、

この1袋に1.5株分のホウレンソウが!!

使用対象は、ゴールデンアイ・ビーシュリンプ・ミナミヌマ・ヤマトヌマ・などの淡水甲殻類全般

さらには、ラムズホーンなどの貝類、コリドラス、オトシン、プレコなどにも使用できるようです。

これは、サンプルとはいえ、とてもうれしい贈り物でしっかりと効果をレポートして

皆様に知っていただけるように少しでも貢献せねば!! 

本日のしめは、以前に枯れかけていてメネデールを投与し、

復活の兆しのあった観葉植物のパキラです。

c0190119_2243898.jpg


新芽に次ぐ新芽でもう大丈夫でしょう~。   
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-02-23 22:44 | ビーシュリンプ
連結水槽 少し前進?
今日は、土曜日ですが会社の合同健康診断でした。

支店で行われたんですが、これがアクアテイラーズさんの近所でして、、、

早く着きすぎた(確信犯です。)ので寄ってしまい、初めて黒いゴールデンアイを見ました。

リリィパイプが魅力的だったんですが、連結水槽がうまくいってからの

バージョンアップのために先送りしました。

その後無事に健康診断が終わり、帰りがけにも吸い寄せられるように(確信犯x2です。)

ディスカウントアクアさんへ

ここでの目的は連結水槽用のソイルです。

そして家に着くころには、2店舗でこれらの買い物を

c0190119_1826283.jpg


右下のワイヤーホースは、見た瞬間に店長から新しく発売されたものだよとお声を頂戴しました。

自作でパイプを曲げては失敗を繰り返していたときに、

ふと、ホースの中にバネ状の針金を入れれば

簡単なフレキシブルホースが作れるな~と考えていたんですが、

金属が溶けるし錆びるから却下してました。 

しかしこのホースは見事にクリアーしてます。 (ただしエアーレーション用です。)

c0190119_18305190.jpg


ほらっ。 すばらしい。

そしてさっそく水槽の立ち上げ作業をしようと3畳部屋へこもり、

今回の底面フィルターの部品を確認していました。

c0190119_18335441.jpg


左が、コトブキ ボトムインフィルターで、右がニッソー バイオフィルター

ベースの底面には、値段も高いボトムインフィルターを使用します。

しかし、このフィルターは、エアーチューブがパイプの外に出ます。

バイオフィルターのパイプはこれがすっきりしています。

ということで合体させて

c0190119_18394069.jpg


まだ、もう1枚底面が敷けそうな?  

余ったバイオフィルターを手前にも敷いてみよかな~。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-02-21 18:45 | 自作-連結水槽
流木付きの
45センチキューブは水景というよりは、レイアウト素材をただ水に沈めて

見た目からのバランスを少し整えた配置と、光が均等に当たるようにしているだけ、

c0190119_1164418.jpg


そのレイアウト素材の大部分は流木に水草を活着させた物が8割です。

最初に下の画像は、

底面フィルター直結の吸水パイプを目隠しする役割を与え "く" の字の中央付近に

ミクロソリウムを両端にモスを活着させてます。 

c0190119_1193649.jpg


撮影後に枯れた葉と虫食い、伸びきった大きな葉はカットしておきました。

次は、当初左端にミクロソリウムを残りの右側にモスを巻いていたんですが、

当時の水質の問題でモスが枯れてしまったので、

他で使用したミクロソリウムセミナローの余りを巻いてほうっておいたら

けっこうな量に育ちました。 大型の流木の隙間に置いたり、

伸びたナローの葉を高さが必要な箇所へ

置いて雰囲気を楽しんだりします。


c0190119_1112361.jpg


最後は、アクアテイラーズで購入したモス付き流木。

当時は、稚エビの隠れ家に購入しましたが、茶ゴケにやられており45センチキューブで

回復を待っておりました。 無事に回復したんではないでしょうか。

c0190119_1121585.jpg


次回のトリミングでは、毛先をすいてアシンメトリーやら、

普段はくしゅくしゅっフワッと遊ばせるようにカットしてやります。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-02-21 11:24 | レイアウト素材
オールガラスフィルターのメンテナンス
ガラスフィルターを稼働させて約一週間が経ち、今日は初めてのお手入れをします。

ダブルタップをマイナスドライバーで外し、中のろ材を振り振りして水を抜けば完了。

c0190119_23121311.jpg


お手入れ楽々。

次に下部栓からも水滴を感じる程度ですが、水漏れがあるので、

上部栓同様にシリコンコーティングを施しておきます。

{手の平をうっ血させて押し込んだホースコネクターの根元にも安全のために。}
c0190119_23132725.jpg


あと、ダブルタップをホースでつなぐには

短い突起になってしまった側のタップもホースバンド付近に

水の浸みを感じますので、安全のため径の小さいホースの切れ端で継いでおきます。

c0190119_23175436.jpg


突起の上からかぶせることで径の変化がないため水量には影響がないでしょう。

連結水槽構想も大事なのですが、このようにメインのメンテナンスもかかさずやっておかなければ

いざというときに水漏れしてテンションがだだ下がりしたら、おそらく立ち直れないですね。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-02-20 23:25 | 自作-オールガラス