カテゴリ:自作-ガラスキャニスター( 3 )
サイフォン式 ガラスキャニスターフィルター
久し振りのこちらのフィルターの状態です。

ろ材の溶岩石を3分の1程度に減らし、

次にゲルキューブマットで表面を目隠して、他の水槽をたたむ際に出た、

余ったろ材もここへ投入しました。 

c0190119_22585061.jpg


30センチキューブ水槽のメインフィルターとして、

その大きな役割りは水槽内に余計な器具を入れない事。 

ヒーターもフィルター内にあり、

好気バクテリアを活発化させるためのエアレーションもフィルター内で行い、

最近は発酵式二酸化炭素もフィルター内に投与するほどです。


c0190119_233375.jpg


このフィルターは吸水をサイフォン式で外径10mmのアクリルパイプ(自作)3本でおこない、

配水をテトラオートパワーフィルターのモータ部ですることで均衡を保っております。

また、安全のため、フィルター内の水が全て水槽へ投入されてもあふれない量で、

また配水が事故で止まり、水槽側からのみフィルターへ水が移動しても

サイフォンの原理で水位が同じ高さで止まり、止まる水位は、

フィルターを溢れさせない位置になる量に調整しております。 (説明がむずかしい)

なので、水槽とフィルターは4本のアクリルパイプでつながっているのである。

c0190119_23141637.jpg
 

また、配水パイプの先には自作のディフューザーを装着しており水槽内へも酸素は送ってます。

そして調子がどんどん上がってきた水槽です。

c0190119_23175684.jpg

[PR]
by aqulabo_glass | 2009-02-16 23:22 | 自作-ガラスキャニスター
フィルター
水が完成していく過程でどうしても私の水槽にはつきまとう

茶ゴケ!!  憎い!!

しかし、それもに少し慣れっこ。

わたしの地域の水はph7.5近いので、どうしてもアルカリへ傾くようです。

そこで、アルカリに傾きやすい溶岩石ろ材をいったん保管庫(ばけつ)へ移動し

ピートモス(園芸用、未石灰混合)を入れ、これまでのネット入りろ材とチャームさんの

スポンジろ材(義兄さんからの戴き物)、同じくチャームさんのゲルキューブマットの

歯切れでフィルターを目隠し様子をみます。 


c0190119_1041673.jpg


来週は毎日4~5分の1程度の水かえをまめにしてph降下を狙います。

これでだめなら、フィルターを底面フィルター化させてADAアマゾニアIIで埋めて

底床でph降下を狙おうかな。  ちょっと雑い?


c0190119_10101541.jpg


自作ディフューザーの先も尖らせて茶ゴケ撲滅への決意をあらたに。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-01-18 10:11 | 自作-ガラスキャニスター
サイフォン式ガラスキャニスターフィルター
30センチキューブで使用しております、フィルターの作成過程の紹介です。

キャニスター部のビン選びにも時間を費やしました。

水槽の高さが30センチのため、それに近いビンの検索。オークションやキッチン用

キャニスターなど色々とあたり、たどりついたのが、DULTON グラスジャー(1001)

size:径18.5(開口部内径16)×高さ34cm / 容量:4.2L

でした。 高さはフタをいれてなので実物の高さが水槽くらいあればいいのにと

思いながら、注文。


c0190119_1175599.jpg


なかなかいい感じ。

つぎに出水パイプをアクリルパイプで自作。 パイプに塩を詰めて折れつぶれない

ようにして曲げたい箇所をコンロであぶり円部をきれいにするために丸い枝に沿って

曲げ、ねじれ部分を調整し、初めての作品がこの出水パイプ。

c0190119_1294355.jpg


上出来。上出来。

あと吸水パイプも曲げ曲げ。 初作品ほどの上出来度ではないものまずまず。

それを組み合わせ水槽横に設置しパイプを付けてみた。

テトラAT50用モーターを回し、サイフォン式でキャニスターに水を入れてみる。
c0190119_1484931.jpg


吸水量が足りない。すぐにキャニスターの水は水槽に戻りなくなった。

2本の吸水パイプを3本にして試すと水量が一定になった。 これでOK。

あとは、モーター部分を溶岩石ろ材と、ADAバイオリオ、

テトラバイオパワーメディア、POWER HOUSEモノボールなど、手持ちのろ材を

詰め込み、ヒーターを入れて完成。

c0190119_1552628.jpg


時系列が前後しましたが、このフィルターをベースに現在は、溶岩石ろ材を減らし

水槽の状態をみながらブラックホールや、炭系の吸着ろ材などをキャニスター部分

にほうり込むだけという、とても楽ちんなフィルターです。

もちろんデザイン重視です。 
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-01-12 02:00 | 自作-ガラスキャニスター