私は ☆コーヒー編☆
1つ実験を行いたいと思います。

この記事を読んだあとにコーヒーが飲みたくなるか。

まずは、愛用のハリオのドリッパー

c0190119_0474255.jpg


透明というのが大事で、どの程度注いだかを知ることができます。

専用の円錐型のペーパーを使用することで

c0190119_059912.jpg


注いだ湯がまんべんなく豆にいきわたって中央から抽出されます。

私のコーヒーを入れる際のこだわりは、温度です。

適温があるということではなく、とにかく熱い状態で飲みたいのです。

そのために、まずはT-falで湯を沸かしてカップ自体をあたためます。

c0190119_15914.jpg


今回は撮影用ということで嫁様のカップを拝借。

嫁様のカップへのこだわりは飲み口部分の厚みだそうです。

案外、厚みに注目してカップを探すと売ってないものですね。

このカップは偶然、雑貨屋で出会い、

お値段はまあまあ勇気がいる価格だったそうです。^^

次に、カップをあたためている間に湯を沸かします。

c0190119_112484.jpg


このポットをちょっと紹介してみたかっただけです。^^

(野田琺瑯 月兎印 スリムポット)

沸かしながらコーヒーの準備を。

c0190119_1152950.jpg


電動のミルも持ってますので、将来的には豆から挽いていこうかと。。。。

次に、湯が沸く直前にミルクをチンします。

c0190119_1191128.jpg


これで、入れるもの全てが熱されました。^^

そして、最後にヤマ場で見せ場のドリップの瞬間を

湯気とともに臨場感あふれる接写にてご覧を

c0190119_1261124.jpg


右手で湯を注ぎながら、左手で撮影という離れ技! 

撮影もそこそこに湯は細くチビチビと、さらにまんべんなく豆にというのを心がけます。

最後に温まったミルクも注いで完成!

c0190119_1294839.jpg


ミルクを温めるときにキャラメルを0.5個入れたり、

泡だてたりして、気分によって変えてます。

私は、基本砂糖を入れませんので、甘くないオレをたしなみます。

以上

飲みたくなりましたか~。^^
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-12-05 01:38 | Others
<< 試験管加工 お掃除 >>