ガリアーノ瓶の流動床フィルター
さあて、週末だ!

c0190119_18201784.jpg


でガラスの瓶への穴あけだ! (私だけ。)

憩いの場所のはずのウッドデッキが私の作業場となってきつつあります。

いつものように、キリキリ ジョリジョリでドン!

c0190119_18215229.jpg


少~し掘削ベストポイントから右へずれてしまいました。^^ (そう思うのも私だけ。)

コルクボーラーで綺麗にゴム栓に穴あけができているので、

流動ろ材の吸いこみ、吐き出し防止のためにスリットを考えています。

もともとガリアーノ瓶の口部分には、樹脂製の液だれ防止キャップが付いていたので、

利用しようと思っていたんですが、ゴム栓との相性が悪く、

すぐに滑って抜けてしまいます。

そこで、ゴム栓自体にネットをシリコン接着してみようと

c0190119_18303386.jpg


穴をマスキングテープで塞ぎ、

c0190119_1833367.jpg


ネットとゴム栓をシリコンで止め、乾くまえにマスキングテープをもう一方の穴から

ピンセットで抜き取っています。  

????

一体何をマスキングしたのか。。。  記事にしてみて気づきました。

ネットを張っておいてからマスキングテープで穴をコートし、

シリコンを上から塗るということをして意味がある作業ですな。

まあ、乾いてからネットをホジホジしてシリコンを取り除こう。^^
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-10-11 18:41 | 自作‐ガラスの流動床フィルター
<< ステイの加工 コルクボーラ― >>