コルクボーラ―
流動床フィルター制作にあたり、

ゴム栓の穴あけ加工を進歩させようと購入しました。

コルクボーラーという器具です。

以前に、agust999さん2007年1月に大好きな記事がありまして

ず~~っと欲しくて、やっ~~~とネットでポチリました。^^

昨日届いた様子をとくとごらんください。

c0190119_21532492.jpg


私「ママ何か買った? パパの荷物今日届かなかった?」

嫁「それやで。違うの?」

私「え? リモコンくらいの大きさやできっと、これ間違いやわ」

嫁「代引きでシーエ○・ラボってとこからやで」

私「ん?  じゃあこれかなやっぱし。」

c0190119_21575757.jpg


これでした。^^ ECOじゃないね~。 送料は通常くらいなのでいいんですが。。

では、気をとりなおしてこれがコルクボーラーです。

c0190119_2221834.jpg


私は、ゴム栓用に鋸刃型の6本セットを購入しました。

セットされている器具で掘削可能な内径は4/5.5/7/8.5/10/11.5でした。

主に内径10(アクア用のホース9/12用)、11.5(アクア用のホース12/16用)

を使用することになりそうです。

掘削は、説明書によると、{穴開けをしたい場所に刃を当て、やや押す様に回す}ということです。

c0190119_2291946.jpg


こんな感じで回せばよいのか~。



c0190119_22104486.jpg


もっと早く買っておけばよかった~。

専用器具というのは本当によくできていて作業が捗りますな~。

さあて、あとはガリア~ノ瓶を掘削するだけですな。^^
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-10-10 22:13 | 器具&器材
<< ガリアーノ瓶の流動床フィルター アクリルの書類トレイ >>