密閉瓶のサブフィルター
週末は、家壁作りと並行してガラスの加工もおこなってました。

いつものようにガラス用のコアドリルで穴あけ作業をおこないます。

c0190119_815640.jpg


側面は湾曲しているため、鉄のガイドをしっかりと固定できるかがポイントです。

そして、この密閉瓶の蓋はとても頑丈で10mm近くも厚みがあり

穴をあけるのにも苦労しました。

最後に、ゴム栓での止水加工を施して、完成です。

c0190119_8194531.jpg


L字コネクターをこのような形で取り付けたのには訳がありまして、

すぐに設置するためと、12/16ホースに上下ともつなぐ必要があったからです。

こんな風に、

c0190119_8325225.jpg


いよいよダブルタップを開いて、



エーハイム2213の電源をいれて、



試 運 転 開 始です。


(なんか事件が起こりそうな行間ですかね?)


その通り!!!!!


ギュンギュン水が密閉瓶に入っていって、


いよいよ満水になって


成功!  といきたかった  いきたかった。


だ~け~ど~。


密閉瓶の密閉力は、閉める際にがっちりと蓋をして


外からの空気を遮断する効果ということのようで


瓶の中から外への圧力(水圧)に耐える作りにはもちろんなっていなかったようです。


自主制作のため自己責任において作業し、改造しているのであって、


メーカーへ改善を要求しても、そんな使い方はアンタだけだよと言われているようです。^^


c0190119_835380.jpg


ちょっとわかりづらいですが、満水になったと同時に蓋の接ぎ目から

シャワーのように水が放水され、ビショビショになってしまいました。

皆さん、絶対に真似しないように!!。   ^^

密閉瓶で成功すれば、ろ材の出し入れも容易になり便利だと思ったんですがね。

メーカーの外部フィルターでも蓋の止め金具においては、似たりよったりだと思いますので、

瓶の蓋に合うOリングが見つかればうまくいくんでしょうかね。

ただ満水直前は、トラウマで試運転が当分 怖いです。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-07-13 08:49 | 自作‐密閉瓶サブタイプクマ
<< オーバル25のフィルター 外壁 ~つづき~ >>