ワインボトルフィルター ステージ1
長らく飲み干すのに時間がかかっておりました1.5リットルのワインボトルを

購入してから使用を見送っていたダイヤモンドコアドリルで穴あけ作業を決行しました。

準備はこれでよし、

c0190119_19432758.jpg


開けたい位置に付属のガイドと呼ばれる金属の輪を、両面テープで貼りつけて

ドリル刃の筒の中にスポンジが入ってましたので、そのスポンジに水を含ませて

掘削中のガラス粉などを舞わないようにしながら、潤滑用としての効果もあるようです。

c0190119_19461176.jpg


今回は、側面に穴あけできるような、安定した場所が確保できなかったことと

コネクター装着において固定が難しいだろうという予測のもと底面に穴あけをすることにしました。

この場合、使用時は数センチだけ持ち上げて使用しなければなりませんがそれはご愛敬。

楽しみになってきました。

穴あけ開始から5~6分。

いつものように力をかけすぎず地道な掘削作業で、

c0190119_203461.jpg


ズドン! と掘削完了。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-04-21 20:02 | 自作-ワインボトル流動
<< ワインボトルフィルター ステージ2 45センチキューブ水槽 >>