遊び心のあるガラス瓶フィルター
以前にガラスドリルで穴あけに成功し

プレフィルターとして試運転する間際にガラス管を溶接しようとして

熱で割れて失敗したワインデキャンタ瓶を再び購入しました。

c0190119_0324610.jpg


今回は通勤時にイメージを固めてあり、

道具も揃っているので先を急ぎ中身は移しました。

そして、穴あけ作業

c0190119_035988.jpg


今回はデキャンタの底面に12ミリの穴をあけて

外径12ミリのホースを通して動力にテトラのオートパワーフィルターのモーター部を使います。

そして、これをサイフォン式ガラスキャニスターフィルター

出水として使用して

c0190119_0403446.jpg


汲み上げた水を水槽に注ぎながら、この瓶の中で憧れの白玉ろ材を踊らせたい! 

と思いましたが、イメージが先行しすぎてサイズが合いません。

モーター部を現在のAT45からAT30へサイズダウンして

瓶ももう少し小さいほうが注ぎ口がしっかりと水槽に届きますかね。

このままでは、水が滴り落ちてパンタナルになりそうです。

アイデアはよかったと思うんですがね~。  改良が必要です。
[PR]
by aqulabo_glass | 2009-04-04 00:52 | 自作-ワインボトル流動
<< ガラス出水瓶 配置 >>